【サカタ製作所】~ソーラーメルマガ第13号~改正FIT法「標識の掲示義務」 最新の自治体の動きとは!?~

こんにちは!

 201741日より、 再生可能エネルギー特別措置法(旧FIT法)」が改正され(改正FIT法)、1年が経とうとしています。 

改正FIT法では、20kw以上の地上用太陽光発電設備について、事業計画標識の設置が義務付けられました。

 

【資料ダウンロードはこちら】

標識の掲示

 

FIT法では、すでに稼働している案件については、

2018331日までに事業計画標識を設置しなければならない、という内容でしたね。

 

ん?

 

2018331日?

 

2018331日??

 

2018331日??

 そうです!

その猶予期限2018331が、もう目の前まで迫っているのです!!

 4月以降、自治体によっては、きちんと順守されているかの調査を行うそうです!

 

例えば、静岡県浜松市では、4月から市内にある出力20W以上の太陽光発電所について、実地調査を行う予算案が計上されたと発表されました。

 

770事業者の太陽光発電施設約1700箇所を訪問し、事業計画標識やフェンスがきちんと設置されているかの抜き打ち調査が実施されるそうです。

 

「まだ1年ある」と思っていた猶予期間ですが、もう目の前まで迫っているのです!!

 ま も な く 終 了 で す !

 

事業計画標識が設置されていない現場はありませんか?

 サカタ製作所で製作可能です!

 

サカタ製作所の事業計画標識のスペック、Q&Aはこちら

ソーラーメルマガ第5号

 

 

その他

「危険高電圧」「関係者以外立入禁止」「防犯カメラ作動中」

などの看板も好評発売中!

 

 

この機会に、全部きれいにしてしまいましょう!

 御見積は随時受付中です!

 お気軽にお問合せくださいね!

 

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
ソーラー営業部
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

広告

【サカタ製作所】建材メルマガ第17号:折板屋根上の取付金具はどのように使い分けるのか?ハゼ編

数年前ですが、お問い合わせをいただいたことがあります。

 

「ハゼ取付金具と留太って何が違いますか?」

・・・・そうですね。
恥ずかしながら言われて初めて気づきました。

430029_ハゼ取付金具_角丸ハゼ兼用431803A_留太_角ハゼ用

左がハゼ取付金具で、右が留太です。
微妙な違いは見て取れますが・・

大きく何が違うのかわかりません。

 

他にも「つかみ金物」など、どういう時に何を使うのが最適なのか?

 

ハゼをガッチリつかむのは確かですが
つかみどころのない、この製品群の違いは・・・

 

その1:強度が違います。
必要な強度に合わせてお選びいただけます。

 
その2:上面がフラットかどうかで違います。
留太などと違い、フラットな金物は「つかみ金物」になります。
下のような製品です。
430016A_角ハゼ用つかみ金物
その3:表面処理が様々。
耐食性重視、コスト重視など、製品コンセプトによって表面処理が変わってきます。

これまでのお話をまとめたリーフレットを作りました。
今後の選定に是非お役立てください!!

 

リーフレットダウンロードはこちら

3月のピックアップ

 

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
営業部 建材営業課
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050