~ソーラーメルマガ第12号~太陽光発電システム施工展に出展します!

こんにちは!

2月も下旬になりますが、まだまだ厳しい寒さが続いておりますね。

少しずつ梅の花が開き始めるこの季節、

今年も東京ビッグサイトで開催される【太陽光発電システム施工展】に出展致します!

 

◆日程:2月28日(水)~3月2日(金)まで
◆時間:10時~18時(最終日の3月2日(金)のみ17時終了)
◆場所:東京ビッグサイト
◆サカタのブースは「東2ホール ブース番号:E9-38」です!

地図はこちら↓

展示会コマ位置

 

ちょっと小さくて見にくいですね(笑)
よってみると・・・

展示会コマ位置トリミング

ここです(笑)

 

当日は、今年度の主力製品である、【アルミ仕様】のソーラー金具を多数展示しております!

飲み物も用意しておりますので、お気軽にお立ち寄りくださいね(*^▽^*)

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
ソーラー営業部
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

広告

【サカタ製作所】建材メルマガ第16号:施工のお悩み解決!角ハゼV2、角ハゼ500に新しい面戸が登場!

88タイプなどの重ね式折板用ではお馴染みの「軒先面戸爪付」ですが・・

このたび、

角ハゼV2と角ハゼ500用の軒先面戸にも「爪付き」が誕生しました。
タイトフレームに引っ掛けて使うことができます。

軒先面戸爪付

いつもの爪以外に、上に何や切り込みのような・・不思議な形をしています。

 

ところでこれ・・いつ使うのですか?と先輩社員Oさんに聞きました。

 

O先輩「防火材の吹き付け下地として使えるよ」
私「・・・え?」
O先輩「屋内の壁と折板の間って、何もしないと山型に隙間があいちゃうでしょ?」
私「そういえば・・」

屋内イメージ

 

こんな感じ・・?
(乏しい想像力によるイメージ)

 

 

 

 

O先輩「延焼を防ぐためにここを塞ぐ場合、軒先面戸を使うんだよね。で、塞いだ後に防火材を吹き付けるのよ。でも、今までの爪なしタイプだと邪魔な部分がたくさんあって、そのままじゃ使えないから、職人さんが合うサイズにカットしていたんだ。あと、軒先じゃないから上からビス留めもできないし。」

 

座面邪魔

(確かに吊子が当たるココとか・・)

 

 

 

 

 

 

(ココとか・・座面邪魔
タイトフレームにぶつかって入らない)

 

 

 

 

私「邪魔ですね・・。職人さんすごいですね・・」

O先輩「すごいよね。でも、手加工はやっぱり手間だからね。」

 

ということで、できましたのが
爪付きの軒先面戸(角ハゼV2、角ハゼ500)です。

切り込みがあって、邪魔な部分を折ることができます!
面戸を折る

 

これを使えば面倒な手加工からも解放されるわけです!
爪があるからタイトフレームに引っ掛けることもできます!

私「でもそれじゃあ・・『軒先』って変じゃないですか?
間仕切り面戸とか、防火面戸とか、そういう名前の方がわかりやすいんですけど・・。」

O先輩「屋根の形状や樋によって変わってくるから、軒先面戸として使う場合もあるよ。
あと、軒先面戸を使うのが得意な職人さんもいるからね。」

 

私「・・・色々奥が深いですね・・」

 

いかがでしたか?!わかりやすかったでしょうか?!
ラインナップや施工手順が載っているリーフレットをご用意しましたのでぜひお使いください。

リーフレットダウンロード 

軒先面戸爪付き

 

角ハゼV2、角ハゼ500用 軒先面戸爪付!
この機会にどうぞお試しください!

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
営業部 建材営業課
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050