ソーラーメルマガ第5号:【 改正FIT法 標識の掲示義務 】はサカタ製作所にお任せ下さい!

こんにちは!

 

2017年4月1日より、 再生可能エネルギー特別措置法(旧FIT法)が改正されましたね(改正FIT法)。
改正FIT法では、20kw以上の地上用太陽光発電設備について、

 

事業計画標識の設置が義務付けられました。

 

 

Q.標識の目的は??
A.緊急時の連絡先や苦情の窓口です。
なので、屋根に設置されている太陽光発電のように、所有者が明確なものは対象外となっています。

 

Q.標識はどのような素材が良い??
A.標識は当然屋外に掲示されます。 雨や風を直接受けますので、耐候性のある素材(アルミ板など)が適していると言えます。ポリプロピレンなど耐候性が弱い素材だと、1年ほどでダメになってしまうものが多いそうです。「いつの間にか外れて無くなっていた」「文字が消えてしまった」ということのないようにしたいですね。

 

Q.標識設置の期限はあるの??
A.いつ着工したかにより、下記の通り期限が異なります。

(1)旧FIT法ですでに稼働している案件 ⇒ 2018年3月31日まで
(2)2017年4月以降に設置する案件 ⇒ 土地の開発・造成後速やかに

気を付けたいのは、旧FIT法で認定を受けたものであっても、未着工であれば(2)に該当します。速やかに設置が必要になります。

 

Q.標識の大きさは??
A.高さ25cm以上、幅35cm以上 が規定となっています。

資料ダウンロードはこちらから

 

標識の掲示

 

 

Q.サカタ製作所でも標識を作ってもらえるの?
A.もちろん作れます!お気軽にお問い合わせ下さい!

 

Q.どんな仕様なの?
A.標準は、高さ28cm×幅38cmですが、御希望のサイズでもご相談可能です。

 

Q素材は何を使っているの?
A.耐候性の高いアルミ平版を採用しています。4コーナー部に取付穴がございます。

 

Q.どれくらいもつの??
A.およそ4~5年を目安としております。(※保証するものではありません)

 

Q.標識を作るにはどんな情報が必要??
A.下記が申込み用紙でございます。必要事項を入力して頂き、サカタ製作所にご提出して頂く流れになります。

標識看板申込書をダウンロード(エクセルシート)

 

 

ダウンロードができなかった方はメールでお送り致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 御見積も随時受付けております!

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
営業部 ソーラー営業課
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

建材メルマガ第5号:②大きいサイズのサビ取りブラシソケットがお求めやすい価格になりました!

サビ取りブラシソケットといえば、
M8-M10_本体
このボルトサイズM8~M10用を思い浮かべる方が多いと思いますが
もっと太い径のボルトのサビ落としに対応したものも実は存在しております。
それがコレです。

バズーカ大_本体
ブラシを含まない本体のみの定価でおよそ10万円と、かなりいいお値段です。

これが・・

なんと約4万円ととてもお求めやすい価格になりました!

(ブラシを含まないお値段です!)

 

サビ取りブラシリーフレットダウンロード

サビ取りブラシ6割引き
どうしてこんなに安くすることができたのか?

それは・・

金型を作ってたくさん生産できるようにしたからです!
これまでの手作りと比べて効率的に生産できるので、
そのぶん製造コストが下がったのですね~。
効率的に生産できるということは、たくさん生産できます。
もしかして在庫の山になるかもしれない・・

 

 

でも、お求めやすい値段にしたい。
悩んだ末、頑張りました!
ちなみに、お値段以外にも色々変わっています。
変わったポイントその2
軸を対角6.36mm→対角9mmにサイズアップ
強度アップを実現しています

変わったポイントその3
ご要望が多かったM27~M36用を新たにラインナップ!

新しくなったサビ取りブラシ、ぜひお試しください!

 

ところで・・

 

 

あえて申し上げます、ご注意いただきたいことを。
お値段が下がったとはいえ、約4万円。
せっかく買ったのに「思ったものと違った!」と、悲しい思いをして欲しくないのです。

 

ご注意その1

ナットを磨くことはできません。
すみません、残念ながら磨くことはできないのです。

 

ご注意その2

ナットの固着状況によっては、ボルトのサビを落としてもナットを外すことができない場合があります。その際は浸透潤滑材との併用をおすすめします。

 

ご注意その3

塗装を剥がす目的でご使用いただくこともできます。
しかし、塗装の種類によっては期待される効果を得られない場合があります。
価格面で購入をお悩みの際は、先ず当社のサビ取りブラシLiteシリーズで一度お試しいただくのもよろしいかと思います。

 

ご注意その4

インパクトドライバーに取付けてのご使用はしないでください。
ドリルドライバーでご使用ください。

 

以上です。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
事業開拓課
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686

建材メルマガ第5号:①改修のお悩み解決!C型鋼を使った葺替金具、Q&A集

古い屋根の上に新しい屋根を乗せて改修しようと思った時、

せっかくだから最新の屋根にしたいとか、強度UPさせたいとか、

色々考えて、古い屋根とは違う屋根を選びたくなる時ってありますよね。
でも折板の山ピッチが違うと、単純に重ねればいい・・というものでもなくなるのです。
そんな時に使うのが、C型鋼と当社の葺替金具を組み合わせた葺替方法です。
葺替金具はこのような金具です。
↓↓↓

fukifuki_c④スレート改修金具

大まかに申し上げますと
既設折板(タイトフレームのあるところ)の上に当社の葺替金具

当社の金具の上にC型鋼

タイトフレーム

新しい折板

の順番で葺き替えていきます。
横から見ると以下のような感じです。

ふきふきC型鋼おさまりイラスト
この既設折板の上に設置する金具が「ふき葺C型鋼用」です。
「ふきふきしーがたこうよう」といいます。
おかげさまでロングセラー品、お問い合わせも多いです!

 

今日はここでいちばんお問い合わせの多い、
重ね式折板用の「ふき葺C型鋼用」について
Q&A集を作ってみました!
Q1:どのサイズのC型鋼を用意したらいい?
A1:t2.3×75×45×15 です。

Q2:葺替金具を屋根に取り付ける時のビス、
および、葺替金具とC型鋼を取り付ける時のビスのサイズは?
A2:どちらも ドリルビス∅6×25 をおすすめしています。

Q3:取付ピッチは?
A3:どのような折板の上に、どのような折板を葺くかで変わってきます。
表にまとめてありますのでご覧ください。(当社カタログより抜粋)

ふきふきC型鋼用取付ピッチ

Q4:C型鋼と葺替金具の接続はどうしたらいい?固定方法は?
A4:溶接またはビス留め(4か所)での固定です。
ビス留めする際のビスのサイズはQ2をご参照ください。

Q5:既設折板にふきふきC型鋼をビス留めして固定した後に、位置ズレ調整できる?
A5:可能です。L型部品が左右5ミリずつ動きますので、そこで調整いただけます。
L型部品稼働

 

Q6:専用の面戸はあるの?
A6:申し訳ございませんが、用意しておりません。

Q7:ラインナップは?
A7:既設折板が重ね式88タイプ、150タイプ、S60タイプ、550タイプ用で
ご用意しております。
既設折板がハゼタイプの場合も特注で金具製作を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。
以上、Q&A集でした!

 

ちなみにこのふき葺C型鋼用、重ね式折板用がメインですが、

実は大波スレート用もご用意しております。
発売から半年も経たない、出来立てホヤホヤの製品です!
今の屋根が大波スレートだからといって、諦めなくても大丈夫になったのです!

リーフレットもありますので興味のある方はぜひダウンロードしてみてくださいね。

 

大波スレート改修金具リーフレットダウンロード

大波スレート改修金具

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
建材営業部
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

重ね式 直付ソーラー金具のご紹介!

こんにちは!

本日は待望の新製品!【 重ね式 直付ソーラー金具 】 のご紹介です!

今までサカタ製作所では、重ね式屋根にはラック工法しかご提案できませんでした。

なぜなら、雨漏りを懸念して「屋根に穴をあけない工法」を推奨していたからです。

しかし、「屋根に穴を開けたくない」というお客様のニーズと同じように、

「屋根に穴を開けても良いからコストダウンしたい」「納期短縮したい」という、お客様の声もありました。

そのどちらのご希望にも、しっかりお答えしたい!!

そんな思いで、徹底的に止水対策を施し、さらに軽量化でコストも押さえられる、

【 直付ソーラー金具 】を作り上げたのです!!

重ね式折板用直付金具のリーフレットダウンロード

重ね直付

 

★Point1★サカタの安心設計!

リベットのシールドタイプを採用!
さらにブチルテープを2枚貼った完全防水仕様!
徹底した漏水試験、リアルな雪を積もらせた積雪試験、載荷試験を行い、
何度も検証を行ったサカタの安心設計です!
だから穴を開けても安心なんですね♪
さらに、耐久性に優れたアルミ製だからサビに強い!!

 

★Point2★なんといってもラック不要で大幅なコストダウン!

ラック工法に比べて、1/2~1/3程度もコストダウンすることができます!
さらに施工がとっても簡単になり、工事コストの削減にも◎

 

★Point3★軽量の312g!建物の負担が少なく設置できる!

金具はアルミ押出形材を採用しているので、重量は軽~い312g!
屋根の負担も押さえられ、重量による物流コストも押さえられますよ!

 

★Point4★本体金具1タイプで複数の屋根に対応できる!

本体金具1タイプで、88TP、150TP、550TPの3種類の屋根に対応!
一本化できるので管理もラクラクです!
いかがでしたでしょうか??

ただ単純に「穴を開ければ良い」という発想ではなく、

「安心、安全な設計であること」「施工しやすい設計であること」

それが、サカタ製作所のこだわりなのです!!

簡単でスピーディーな施工方法については、是非動画をご覧ください!

配置が決まっていれば御見積も可能です!

どしどしお問い合わせくださいませ!

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
ソーラー営業部
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

メルマガ特別号:ついに発売!サビ取ブラシをもっと手軽に!もっと安く!

 

ついに発売しました!

「サビ取りブラシLite」

サビ取りブラシソケットは以前から販売しておりましたが、
より手軽にお買い求めいただけるお値段で誕生いたしました!

それが「サビ取りブラシLite」です!

■リーフレットダウンロード■

1 2

そして!
Amazonでも購入が可能になったんです。

■Amazonはこちら

M12.M16.M20.M22.M24それぞれのサイズをご用意しておりますので、是非チェックしてみてくださいね(^^♪

いや~通販って本当に便利!!
今どきの子は洋服も通販でポチっと買うとか…。
洋服やバック、靴のレンタルサイトなんかもありますしね。驚!!

我々も時代の流れにのって頑張りますぞ~(‘ω’)ノ

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
事業開拓課
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686

建材メルマガ第4号:②もうすぐ発売!新製品サビ取りブラシLiteとは?

ボルトが錆びてナットが外せない!そんな時はお馴染みサビ取りブラシソケット。

そんなサビ取りブラシソケットにライトタイプができるんです。待ってました!

黒いフォルムがイケてます。
↓↓

LITE(黒)

何がライトか?

読んで字のごとく、軽量化しています。
いくつか種類がありますが、従来のM8~M10サイズのものと比べると約30%軽量化しています。
腕に優しいですね~

それだけじゃありません。
価格もライトになりました(当社比です)。プチプラです(当社比です)。
世の中お金だけじゃない、だけど、お金も大事。

ブラシは交換できませんが、その分ライトユーザー様にはぴったりです。

もちろん、使い方は変わりません。

気になるお値段は次回メルマガで!

リーフレットダウンロード

サビ取りライト

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
建材営業部
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050

建材メルマガ第4号:①施工のお悩み解決!吊り吉って、H鋼のどこまで差し込んだらいいの?!

重ね式の吊り折板といえば、縁の下(上か?)の力持ちなのが「吊り吉」です。
「つりきち」っていいます。

↓こんな製品です。

新本体

こんな風に上から屋根を吊る時に、

吊折板

鉄骨に差しこんで屋根を支えるのに使うモノなんですけど・・

 

 

この吊り吉でよくいただくお問い合わせが

「どこまで差し込んだらいいの?」

というもの。そういわれてみれば・・悩ましいですね。

 

お答えしましょう。

 

ズバリ

「ここよりは奥に差し込んでね」

という基準ラインあるので、必ずそのラインを超えるまで差し込んでいただきたいです。

 

で、基準ラインはどこよ?ということになりますが、
「本体のシワの終わりが・・」なんて、
とても意味不明な説明になりそうなので、

ちょっとした取説のようなものを作ってみました。

これで明日から吊り吉の施工はバッチリですね!

吊り吉施工のご注意ダウンロード

吊り吉施工のご注意

 

<問い合わせ先>
株式会社サカタ製作所
建材営業部
新潟本社  ☎ 0258-72-0072
東京営業所 ☎ 03-5296-8686
大阪営業所    ☎06-6307-0050